中小企業の銀行融資を強力サポート!

neoc

矢印

そのためには、下記の4つの対応が最大のポイントです。

銀行融資の審査内容と判断基準を理解すること。
貸借対照表の格付けが上がるように決算書を作成すること。
損益計算書の格付けが上がるように決算書を作成すること。
銀行からの印象度が上がるように資料を作成すること。

  neoc

矢印

決算書の”表面上の数字”で決算評価および経営分析の説明をしている。
”格付け”に関係なく、”節税対策”だけの観点から決算書を作成している。
回収が難しい売掛債権に対して何も対策をせず、そのまま決算書に計上している。
売れ残り商品等に対して何も対策せず、そのまま決算書に計上している。
減価償却費を償却限度額まで計上しないで、黒字決算にして申告・納税をしている。
経費を”仮払金”等の資産に計上し、黒字決算にして税務申告をしている。
家賃や地代などの不動産賃貸料収入を”雑収入”で決算書に計上している。
経営者個人からの借入金を”短期借入金”で決算書に計上している。
格付けアップに重要な”資金繰り改善法”や”日常経費の削減法”などの具体的な指導や情報提供を受けていない。

 銀行融資の際の”格付けアップ”と”資金繰り改善”は表裏の関係にあります。

 税理士は税務の専門家であり、税理士の決算における目線は、つねに税務署(税務調査)向けの目線で”格付け”に関する自己査定の中身を詳しく知らないため、格付けを上げるための”資金繰り改善法”や”決算書の作成ノウハウ”を持ち合わせていません。

 そして銀行出身者は、自身の経験における銀行交渉などを得意にしながらも、経理や税務の実務経験がないため、格付けを上げるための”資金繰り改善法”や”決算書の作成ノウハウ”がありません。

  あなたの会社が銀行交渉を必要としないで、銀行がもっと融資をしたくなる会社にするのが、〈格付けアップ実戦プログラム〉であり、そのためのノウハウ講座が(格付けアップ・実戦ノウハウ講座)です。

プログラム

ノウハウ

 

”参考書箱”の紹介

格付けアップ

*全国の書店で購入できます

最先端企業ジャーナリスト 泉谷渉氏                    (株式会社 産業タイムズ社 代表取締役社長)

 目からウロコが落ちる感じで拝読させていただきました。まさに会社は生き物であり、最先端技術を越えて、その血脈は”資金繰り”にあることを再認識しました。
  その資金を見る当時者それぞれによって、中小企業の100年に亘る命運は決定します。
 経営者の視線に必要な角度と采配における注意点、そして税理士・銀行といった”資金繰り”に関わるプレイヤーの立場や接し方など、読むだけで実戦的に真の経営能力が身に付く素晴らしい一冊です。


新 着 情 報
2015年11月17日
セミナー情報を更新しました。
2012年 4月17日
社名を「NEOC株式会社」から「企業100年計画株式会社」に変更しました。
2011年 9月28日
セミナー情報を更新しました。
2011年 6月17日
ホームページをリニューアルしました。